プロ野球東北楽天の泉犬鷲(いぬわし)寮(仙台市泉区)の寮長に、昨年まで日本野球機構(NPB)審判員を32年間務めた中村稔さん(55)が就いた。審判から球団職員への転身は極めて異例。若手選手と生活を共にする立場になった中村さんは「自分の子どもよりも若い選手ばかりで父親代わりの存在になりたい。寮長室のドアはいつも開けておく」と選手との触れ合いを楽しみにする。
 名古屋市出身の中村さんは愛知・名古屋電気高(現愛工大名電高)で内野手として活躍。高校の同期には投手だった工藤公康さん(現ソフトバンク監督)がいた。1982年にドラフト3位で日本ハム入りし、5年間在籍した。87年にプロ野球の...    
<記事全文を読む>