リーグ2連覇を目指す西武の辻発彦監督(60)が古里佐賀で6日、昨季は実現しなかった同郷の広島・緒方孝市監督(50)との日本シリーズ「がばいシリーズ」での対決を目標に掲げた。

 辻監督は佐賀県内で同日に野球教室を開き、午前に小学生、午後からは中学生たちに野球の楽しさを伝えた。パ・リーグ優勝監督となっての凱旋(がいせん)だけに年始恒例の野球教室は大盛況で、辻監督も「ちょっと有名人になった。佐賀が盛り上がらんと駄目でしょ」と上機嫌だった。

 3月2日には昨年に続き、佐賀市のみどりの森県営球場で広島とのオープン戦が組まれている。ただ、辻監督の視線の先は秋の大一番だった。...    
<記事全文を読む>