広島スカウト陣は、今秋のドラフト会議へ向けて、動き始めている。苑田聡彦スカウト統括部長は「今年は間違いなく投手の年」と断言。小園(広島)根尾(中日)藤原(ロッテ)の高校生の3野手に計11球団の指名が集中した昨秋のドラフトとは一転、投手が主役となりそうだ。

...    
<記事全文を読む>