福岡六大学野球リーグで活躍し、プロ野球セ・リーグのヤクルトにドラフト7位で入団する九州共立大の久保拓眞投手(22)=伊万里市出身=が新年の飛躍を誓っている。幼いときからの夢をかなえた左腕は「開幕1軍を目指す。中継ぎで40、50試合を投げ、新人王のタイトルを取れるように努力したい」と決意を語る。

 小学3年のころ、父親の草野球についていくようになったことが白球を追うきっかけになった。当時からプロ入りの夢を描き、中学では硬式野球「伊万里ボーイズ」で基礎を磨いた。「チーム数が多く、競争が激しいところでやりたい」と福岡・自由ケ丘高に進み、2年夏には甲子園に出場した。

 ...    
<記事全文を読む>