楽天に入団するドラフト2位で広陵高出の太田光捕手=大商大、倉敷市出身=と3位の引地秀一郎投手(倉敷商高)の激励会が2日、倉敷市内でそれぞれ開かれ、両選手が決意を新たにした。

太田「目標にされたい」

 太田は小中学生時代に在籍していた西浦少年野球と倉敷ボーイズが主催する激励会に出席し、恩師やチームメート、後輩ら約220人を前に「目標にされる選手となるような成績を残す」と誓った。

 壇上で花束などを受け取り、「職業としてやるには相当な覚悟がいる。きついこともあると思うが、ここにいる仲間に励ましてもらいながら頑張っていきたい」...    
<記事全文を読む>