「ありの~ ままの~♪」 栗山監督は、かの名曲を口ずさみながら黄金ルーキーへの期待を口にした。年が明け、新人合同自主トレが9日から始まる。指揮官はドラ1・吉田輝に、自然体でのチーム合流を願った。

 「どの選手も、能力があるから評価している。そのままで勝負してほしい。そこで足りないものがあれば変えればいい。最初から変える必要はないよね」

 昨夏の甲子園で金足農高を準優勝に導いた吉田輝の武器は、最速152キロを誇る切れと伸びのある直球。指揮官は度々、楽天の大黒柱・則本と姿を重ね合わせ、新人右腕の潜在能力を認めてきた。小手先のテクニックに頼る必要はない。素材を磨き続け...    
<記事全文を読む>