バレーボールの全日本選手権は14日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕して1回戦が行われ、女子で中国ブロック代表の岡山シーガルズ(V1)は中京大を3―1で下した。シーガルズは、8強を懸け15日の2回戦でJT(同)と対戦する。

 男子は全日本大学選手権優勝の早大がV1の長野を3―0で破った。同選手権準優勝の福山平成大は洛南高(京都)に3―2で競り勝ち、中大はV1の大分三好にストレート勝ち。筑波大はV2の大同特殊鋼に3―0で、東福岡高は天理大に3―2で勝った。

 女子は全国高校総体準優勝の金蘭会高(大阪)が日女体大にフルセットの末に勝...    
<記事全文を読む>