バレーボールのVリーグ男子1部徳島大会は1日、徳島市のとくぎんトモニアリーナで開幕し、約1500人のファンが国内トップレベルの試合を楽しんだ。

 第1試合は徳島をサブホームタウンとするジェイテクトスティングス(愛知)が2―3で大分三好ヴァイセアドラーに敗れ、連勝が3で止まった。ジェイテクトは通算6勝4敗で、順位は3位のまま変わらなかった。

 2日は正午からジェイテクト対東レ、午後3時からJT対大分三好の試合が行われる。

...    
<記事全文を読む>