県内初の女子ラグビーチームが上富田町で発足した。メンバーは地元の小学生から一般の13人で、女子7人制ラグビーの国体出場を目指して練習に励む。チーム名は太平洋にちなんだ「パシフィックオーシャンズ7(セブン)」で、愛称は「パオ」。全国でも遅れている県内の女子ラグビーの普及や発展を目指す。

 女子7人制ラグビーは、いずれも2016年に開かれたリオデジャネイロ五輪と岩手国体で正式種目になった。各都道府県では女子ラグビーの競技人口が増えているが、県内では女子選手の発掘や普及が進んでいない。小中学生の時には少年団やアカデミーで男子と一緒にラグビーをした女子も、高校以降は途絶え...    
<記事全文を読む>