県立大(彦根市)の四年生で、ウインドサーフィン部の不破有理子さん(22)=米原市下多良=が、八月にラトビア・リエパーヤで開かれた「テクノプラス世界選手権」の女子オープンクラスで準優勝した。大学入学後に競技を始め、たゆまぬ努力でつかんだ成果。不破さんは「ここまで来られるとは想像もしていなかった。本当にうれしい」と喜んだ。

 二〇一五年、環境科学部に入学。部活動勧誘の試乗会で初めて体験した琵琶湖でのウインドサーフィンが楽しく、入部を決めた。大学から競技を始める人がほとんどということもあり、「努力次第で勝てるようになるはず」と感じた。

 週二日、彦根市松原町の松原水泳...    
<記事全文を読む>