二〇一九年秋にエコパスタジアム(袋井市)などで開催されるラグビーワールドカップ(W杯)で、県と浜松市などは二十六日、観戦者をもてなす「ファンゾーン」を設けるJR浜松駅前の市ギャラリーモール・ソラモについて、運営計画を協議する実行委を設立し、素案を基に話し合った。

 素案によると、ファンゾーンは日本代表戦とエコパでの試合、準決勝、決勝のある日に開催する。一九年九月二十日から十一月二日までの四十四日間のうち、十日間の予定としている。

 ソラモでは、試合や観光PRの映像を大型ビジョンで放映する。特設ステージを設け、ご当地アイドルやラグビー選手に登場してもらう方向でも調...    
<記事全文を読む>