卓球の新リーグ「Tリーグ」に参戦している琉球アスティーダは25日、宜野湾市立体育館で第13戦を行い、首位の木下マイスター東京に3-1で初勝利を収めた。4連敗中だった東京から初白星を奪い、アスティーダの戦績は5勝8敗でリーグ4位。第1マッチのダブルスは張一博・江宏傑(ジャン・ホンジェ)組が1-2で敗れ、第2マッチのシングルスは荘智淵(ジュアン・ジーユアン)は3-0のストレート勝ち。第3マッチのシングルスで有延大夢が3-1で勝利し王手を掛けた。第4マッチのシングルスは陳建安(チェン・ジエンアン)が東京のエース張本智和に3-2で競り勝った。

 (観客1207人)

...    
<記事全文を読む>