岡山県は25日、空手の世界選手権(11月・マドリード)の女子団体形で金メダルを獲得した平紗枝選手(22)=帝京大4年、岡山市出身=に県スポーツ特別顕賞を贈った。

 県庁で授与式があり、伊原木隆太知事が「大変頼もしい。県民を挙げて応援するので、これからも頑張ってほしい」と表彰状とブロンズ像を手渡した。平選手は「たくさんの方のサポートと応援があっての受賞。結果で恩返ししていけるよう努力する」と述べた。

 平選手は、おかやま山陽高を経て帝京大に進学。初出場した世界選手権では、他の2選手とともにトーナメントを勝ち上がり、決勝でスペインを5―0で破って...    
<記事全文を読む>