ラグビーのトップリーグ(TL)へ12季ぶりに復帰する三菱重工相模原の選手らが25日朝、同社の相模原製作所=相模原市中央区=で、出社する社員らに悲願達成を報告した。主将のナンバー8土佐誠らが「応援ありがとうございました」と感謝の思いを伝えると、同僚らから祝福を受けた。

 チームは23日の入れ替え戦で豊田自動織機(TL15位)を31-7で下し、2007年シーズン以来のTL復帰を決めた。県勢として初昇格した前回はシーズン全敗で降格。その後も昨季まで6年連続で入れ替え戦の壁に阻まれてきた。

 今季は元ニュージーランド代表のグレック・クーパー監督(53...    
<記事全文を読む>