和歌山県の田辺市卓球協会と田辺高校卓球部OB会は23日、同市上の山1丁目の田辺スポーツパークで、中学生を対象にした講習会を開いた。スーパー「オークワ」女子卓球部の大塚和彦監督(71)や選手が、生徒104人を指導した。

 田辺市や白浜町にある中学校の卓球部員が参加。大塚監督は卓球台を回りながら生徒を指導した。「バックハンドで打つ時はラケットを振り回さず、肘と肩を意識して」「相手コートのどこを狙うか、一本ごとに意識して打つと上達する」「前後のフットワークも大切にして」などと助言した。

 参加した東陽中2年の小川京介君(13)は「オークワの選手との...    
<記事全文を読む>