バドミントン団体戦の国内最高峰S/Jリーグは23日、北海道函館市の函館アリーナなどで男女各2試合が行われた。女子で昨季2位の北都銀行は昨季3位の再春館製薬所と対戦。第1ダブルスの永原和可那、松本麻佑組は競り勝ったが、シングルスの川上紗恵奈、第2ダブルスの米元小春、田中志穂組がいずれも1―2で敗れ、今季初黒星を喫した。Jブロックの北都銀行は通算2勝1敗、再春館製薬所は2勝。

...    
<記事全文を読む>