バドミントンのS/Jリーグ仙台大会が22日、仙台市のゼビオアリーナ仙台であり、男女各1試合が行われた。男子は東北マークスが2-1で金沢学院クラブを下し、女子の七十七銀行は3-0で日立化成に快勝。ともに今季初勝利を飾った。
 東北マークスは第1試合のダブルスで鈴木、三浦組が2-1で勝ち、続くシングルスも菊地が2-0で制した。第3試合のダブルスは伊佐、佐伯組が1-2で敗れた。
 七十七銀行は第1試合のダブルスで重信、毛利組が2-0で快勝。シングルスの杉野もストレート勝ちして試合を決めた。第3試合のダブルスは河崎、嶺井組が2-0で相手ペアを破った。
 両チームと...    
<記事全文を読む>