フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・さいたま)代表選考会を兼ねた全日本選手権第2日は22日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで行われ、男子ショートプログラム(SP)で、今季現役復帰した32歳の高橋大輔(関大KFSC、翠松高出)が高い演技点をマークし、88・52点で2位につけた。

 ◇

 5年ぶりに全日本選手権に戻ってきた感想について、高橋は「居心地の良さを改めて感じた」と穏やかな表情で言う。「独特の緊張感、後輩との競り合い、観客の声援…。一番しっくりくる」。この舞台で滑ることのできる喜びを全身で感じていた。
...    
<記事全文を読む>