レスリングで女子初の五輪四連覇を果たした伊調馨選手(34)=ALSOK=が二十二日、二〇二〇年東京五輪に挑戦する意向を示した。この日、東京都世田谷区の駒沢体育館で行われた全日本選手権に出場し決勝進出を決め、日本協会を通じて「五輪に向けての本当の復帰戦としてこの全日本があった。ここからが本当の勝負の時」とコメントを発表した。

 恩師で日本レスリング協会前強化本部長の栄和人氏(58)によるパワーハラスメント被害が明らかになった今年。十月に一六年リオデジャネイロ五輪以来、二年ぶりに実戦復帰したが、「簡単には言えない」と五連覇への挑戦については慎重な姿勢を崩さなかった。

<記事全文を読む>