フェンシングの全日本選手権団体戦は21日、茨城県青柳公園市民体育館で開幕。男子エペと女子フルーレを行い、岐阜県勢は女子朝日大のベスト8が最高だった。

 女子朝日大は1回戦で日吉ク(南関東)を45-30、2回戦は日本女体大(日学連)を45-35で下し、8強入り。準々決勝は法大(同)に40-44で競り負けた。はしまモアと羽島北高はともに2回戦敗退だった。

 男子は2回戦から登場の朝日大が慶大(同)に42-45で惜敗、大垣共立銀行は1回戦で高松北高(全体連)に18-45で敗れた。

 第2日の22日は、同体育館で男子フルーレと女子サーブルを行う。

...    
<記事全文を読む>