ソフトボール女子の14歳以下日本代表に、長野市川中島中3年の田中愛花(14)と伊那東部中3年の池上桃花(14)が選ばれた。県ソフトボール協会によると、年代別代表に県内から2人同時に選ばれたのは初めて。来年1月中旬に台湾で行われる国際交流戦での活躍を目指している。

 選考会は11月16日から3日間、静岡県内で開かれ、フリー打撃やノック、遠投、実戦形式の試合などを実施。49人が参加して17人が代表に選ばれた。

 2人は昨年も選考会に参加したが、ともに「いろんな人に見られるのが恥ずかしく、アピールできなかった」と落選した。今回はその反省を生かし、思...    
<記事全文を読む>