世界選手権(来年3月・さいたま)の代表選考会を兼ねた全日本選手権は21日午後、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。今季シニアデビューを果たした15歳の山下真瑚(中京大中京高)は、初日の女子ショートプログラム(SP)に向け、「練習してきたことを悔いのないように出し切りたい」と意気込みを示した。

 (佐藤健志朗)

 この日の午前には公式練習があり、山下は曲に乗せ3回転ルッツ-3回転トーループの連続ジャンプを美しく成功させるなど好調ぶりをうかがわせた。

 グランプリ(GP)シリーズデビュー戦となった10月のスケートカナダで平昌冬季五輪銀メダルのエフゲニア・メ...    
<記事全文を読む>