アテネ五輪柔道100キロ超級で金メダルを獲得した常総市出身の鈴木桂治さんが、水戸市新原の県武道館柔道場で、「オリンピックメダリストの柔道教室」と題した講演を行った。参加した子どもたちは目を輝かせながら、メダリストからの指導を受けた。

講演は県柔道整復師会(竹藤敏夫会長)が特別公開講座として開催。県内の小学4〜6年生83人が受講した。鈴木さんは「小学生のころは何回も負けて悔しい思いをした。練習を重ねて少しずつ強くなっていった」と自身の経験を振り返り、「できないからと諦めず、できるまで繰り返し練習をし続けることが大切」とエールを送った。

その後の実...    
<記事全文を読む>