アイスホッケーアジアリーグに参戦している日本製紙クレインズ(釧路市)の今季限りでの廃部が正式発表された19日、苫小牧市を拠点とする王子イーグルスや競技関係者からは「長年のライバルだったので残念」「イーグルスにも影響がなければいいが」と先行きを心配する声が相次いだ。

 日本製紙と王子は、胆振東部地震後に釧路市でチャリティーゲームを行うなど“盟友”でもある。王子の選手と桜井邦彦監督はこの日の練習後、北海道新聞の取材に「ノーコメント」と答えるのみで、表情は硬かった。

 王子の私設応援団「王子イーグルスプロジェクトサポーター」の植村郁子団長(31...    
<記事全文を読む>