柔道女子78キロ超級で2015年世界選手権準優勝の実績を持つ射水市出身の田知本愛(めぐみ)選手(29)が18日、現役を引退すると所属先のALSOKが発表した。田知本選手は「自分が納得するまで柔道を続けることができました」とコメントした。

 2016年リオデジャネイロ五輪70キロ級金メダリストとなった妹の遥さん(28)と共に、小杉高3年の時に全国高校総体で高校初の女子団体優勝に貢献。東海大では全日本学生体重別選手権で大会史上初の4連覇を達成した。

 グランドスラム・パリ大会で3連覇するなど世界大会でも活躍し、15年は全日本選抜体重別選手権と全日...    
<記事全文を読む>