車いすラグビーの日本選手権は16日、千葉市の千葉ポートアリーナで行われ、決勝は沖縄ハリケーンズがフリーダム(高知)に48―47で競り勝ち、3年連続5度目の優勝を果たした。沖縄ハリケーンズの3連覇は初めて。

 沖縄ハリケーンズは第2ピリオド(P)を終えて26―24で折り返した。第4P終盤に47―47に追い付かれたが、試合終了間際に選手兼監督の仲里進が勝ち越し点を挙げた。銅メダルを獲得した2016年リオデジャネイロ・パラリンピック日本代表の仲里は、「念願だった初の国内3連覇ができてほっとしている」と喜んだ。

...    
<記事全文を読む>