岡山県は17日、マドリードで11月にあった空手の世界選手権女子団体形で、金メダルを獲得した平紗枝選手(22)=帝京大4年、岡山市出身=に県スポーツ特別顕賞を贈ると発表した。

 競技を通じて、県民に大きな希望と感動を与え、県を全国にアピールしたことが理由。25日に県庁で授与式を行い、表彰状と記念品を贈る。

 平選手は、岡山市立西大寺中、おかやま山陽高を経て帝京大に進学。初出場した世界選手権では、他の2選手とともにトーナメントを勝ち上がり、決勝で開催地スペインを5―0で破って日本女子の2連覇に貢献した。

 同顕賞は、国際大会...    
<記事全文を読む>