第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会2018」(10月13~15日、福井県)でメダルを獲得した岡山盲学校高等部専攻科2年野口幸也さん(23)、倉敷琴浦高等支援学校3年岸本舜平さん(18)、同2年梶谷愛斗さん(16)が17日、岡山県庁で鍵本芳明教育長に成績を報告した。

 野口さんは、やり投げに似た陸上の「ジャベリックスロー」で37メートル75を記録し、銀メダルに輝いた。岸本さんは卓球で2年連続の銀。梶谷さんは陸上のソフトボール投げで自己新記録の76メートル11で銅メダルを手にした。

 鍵本教育長は「努力は裏切らないことを学んだと...    
<記事全文を読む>