バドミントンの年間王者を決めるワールドツアー(WT)ファイナルに出場した日本代表が17日、中国の広州から成田空港に帰国し、女子シングルスで準優勝して今季を締めくくった奥原希望(日本ユニシス・大町市出身)は「結果には満足していない。来年の五輪(代表権)レースは、結果や得点にこだわって貪欲に私らしく戦いたい」と抱負を語った。

 今季は攻撃のテンポを上げることに取り組んできたが、ファイナルでは持ち味の粘り強い守備で世界ランキング2位の山口茜(再春館製薬所)らライバルを撃破。「私の良さである(守備の)粘り強さをもう一度、追求しようと思ってやった」と、原点回帰がもたらした準...    
<記事全文を読む>