ラグビー・トップリーグ(TL)の年間表彰式が16日、都内で開かれ、最優秀選手(MVP)は神戸製鋼を15季ぶり2度目の優勝に導いたSOダン・カーターが選ばれた。2季連続3位のヤマハ発動機は2季ぶりにフェアプレーチーム賞を受賞し、ベストフィフティーンにフランカーのクワッガ・スミスが選ばれた。
 MVPのカーターはキック成功率86・2%でベストキッカー賞にも輝いた。最多トライゲッターは8トライのレメキロマノラヴァ(ホンダ)。得点王は68得点のサム・グリーン(豊田自動織機)、新人賞は岡田優輝(トヨタ自動車)がそれぞれ獲得した。
 ヤマハ発は15日の決勝トーナメント3位決定戦...    
<記事全文を読む>