自転車オフロードレースの「2018宇都宮シクロクロス(CX)シリーズ」最終日は16日、宇都宮市の道の駅うつのみやろまんちっく村特設周回コース(2・8キロ×8周+0・7キロ=23・1キロ)で行われ、国際自転車競技連合(UCI)公認で最高カテゴリーの男子エリートで小坂光(こさかひかる)(宇都宮ブリッツェンCXチーム)は1時間1分17秒で8位だった。

 初日6位の小坂は海外招聘(しょうへい)選手を中心とするトップ集団に序盤こそ追随したが、徐々に引き離された。出走60選手中、完走はわずか10人で阿部嵩之(あべたかゆき)(宇都宮ブリッツェン)と鈴木龍(すずきりゅう)(同)...    
<記事全文を読む>