アイスホッケーの第86回全日本選手権大会最終日は16日、東京都西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行い、HC栃木日光アイスバックスは王子に2-4で敗れ、2014年以来、4年ぶり2度目の日本一はならなかった。

 2年前の決勝と同カードとなった一戦。バックスは第1ピリオド開始29秒にパスミスからいきなり失点。巻き返そうと相手の2倍のシュートを放ったが得点につながらず、逆に王子の正確なパックコントロールに動かされてキルプレーで2点目を奪われた。

 第2ピリオドは激しく攻め立てて2分22秒、FW古橋真来(ふるはしまくる)が豪快なミドルシュートを決めたが、その...    
<記事全文を読む>