アイスホッケーの全日本選手権最終日は16日、東京・DyDoアリーナで決勝と3位決定戦を行い、決勝は王子が日光を4―2で下して、史上最多を更新する2年ぶり37度目の優勝を決めた。

 王子は開始早々に相木のゴールで先制し、18分すぎに百目木(どめき)が追加点。3―2で迎えた第3ピリオドに、橋場がゴール前の混戦から押し込み突き放した。

 3位決定戦は日本製紙が3―2で東北に逆転勝ち。

...    
<記事全文を読む>