ラグビーのトップリーグ(TL)決勝トーナメントを兼ねた日本選手権決勝は15日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、神戸製鋼がサントリーを55-5で下し、TLでは初年度の2003~04年シーズン以来となる15季ぶり2度目の制覇を果たした。日本選手権の優勝は18大会ぶり10度目となり、最多記録を伸ばした。

 脇役に回っても、カーターはやはりカーターだった。準決勝までのような派手なトライや芸術的なキックパスはなくとも、神戸製鋼が誇る世界一のSOは精密機械のように正確なパスを供給し続け、大勝を呼び込んだ。前半にはPGを決め、ペナルティーキックを外す場面は結局、リーグ戦を含めて一度も訪れ...    
<記事全文を読む>