バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第4日は12月15日、中国の広州で行われ、女子シングルスの決勝トーナメント準決勝で山口茜(福井・勝山高出身、再春館製薬所)は、奥原希望(日本ユニシス)と対戦。0-2で敗れ、2連覇を逃した。

 山口は第1ゲームを17-21で落とすと、第2セットも14-21で取られ、ライバルに圧倒された。

 WTファイナル1次リーグのA組に入った山口は初戦で世界選手権2位のシンドゥ・プサルラ(インド)にストレート負けを喫したものの、第2戦で米国選手に勝利。3戦目は相手が途中棄権したため、2勝1敗の2位で準決勝に進んでいた。

...    
<記事全文を読む>