ラグビーのトップリーグ(TL)兼日本選手権決勝は15日、東京・秩父宮ラグビー場であり、神戸製鋼が2連覇中のサントリーに55-5で圧勝し、18大会ぶり10度目の日本一に輝いた。TLは初代王者となった2003~04年以来、15季ぶり2度目の優勝。

 神戸製鋼はフッカー有田隆平のトライなどで22-5とリードして前半を折り返した。後半も圧倒的な攻撃力を見せつけ、CTBアダム・アシュリークーパー、FB山中亮平らのトライで突き放した。(山本哲志)

...    
<記事全文を読む>