ラグビー・トップリーグ(TL)のヤマハ発動機の清宮克幸監督(51)が11日、今季限りで退任することを明らかにした。既に会社側にも意向を伝えているという。同日の練習後、報道陣の取材に答えた。
 チームは15日、年内最終戦となるTL決勝トーナメント兼日本選手権の3位決定戦に臨む。清宮氏はこの試合と来年1月のTLカップ戦で指揮を執って監督を退く予定。
 後任には堀川隆延ヘッドコーチ(45)が候補に挙がっている。
 清宮氏は早大、サントリーの監督を経て2011年にヤマハ発の監督に就任。14年度の日本選手権で初優勝を達成した。

 ■「誇れるクラ...    
<記事全文を読む>