日本体操協会は10日、東京都内で臨時理事会を開き、2016年リオデジャネイロ五輪女子日本代表の宮川紗江(高須クリニック)が訴えた塚原千恵子女子強化本部長と塚原光男副会長の夫妻によるパワハラ行為は「認められなかった」とする第三者委員会の調査結果が報告され、夫妻の一時職務停止の措置を解除した。

 報告書では、宮川が訴えた塚原夫妻によるパワハラ行為について「配慮に欠けた不適切な点が多々あったとはいえ、悪性度の高い否定的な評価に値する行為であるとまでは客観的に評価できない」とした。また宮川からコーチを引き離そうとした行為についても認められないと結論づけた。

 委員会から...    
<記事全文を読む>