卓球Tリーグ男子の岡山リベッツは9日、岡山市の岡山武道館でホーム戦を行い、琉球に3―2で競り勝った。4勝5敗の勝ち点14で順位を3位から2位に上げた。

 リベッツは第1試合のダブルスで上田、森薗組が丹羽、有延組に2―0のストレート勝ち。続くシングルスで李尚洙が荘智淵に1―3、吉田も丹羽に1―3と連敗したものの、森薗が陳建安を3―2で下して2勝2敗のタイに持ち込んだ。1ゲームのみで競う最後の「ビクトリーマッチ」で、主将の上田が荘智淵を11―8で破った。

 リベッツは次戦の22日、アウェーで彩たまと当たる。

...    
<記事全文を読む>