フェンシングの第71回全日本選手権(個人)第3日は8日、東京都の駒沢体育館であった。女子サーブルで大分市出身の江村美咲(20)=中央大=が決勝に進んだ。
 最終日の9日は東京グローブ座で男女各種目の決勝があり、県勢は江村のほか、男子フルーレに別府市出身の上野優斗(19)=中央大、女子フルーレに妹の優佳(17)=星槎国際高=が臨む。

 女子サーブルで、大分市出身の江村美咲(20)=中央大=が強さを見せ、2年連続で決勝進出を決めた。
 予選は無敗で全体2位で通過すると、決勝トーナメントでも圧巻の強さで勝ち上がった。準決勝の相手はこれまで何度も対戦し、互いに手...    
<記事全文を読む>