フェンシングの全日本選手権個人戦第3日は8日、東京・駒沢体育館で行われ、男子エペは準決勝でリオデジャネイロ五輪6位の見延和靖(ネクサス)がジャカルタ・アジア大会銅メダルの加納虹輝(早大)を15―11で下した。伊藤心(いのち、自衛隊、二ツ井高―中大)は安雅人(早大)に12―11で競り勝った。佐藤武揚(秋田北鷹高3年)は45位だった。

...    
<記事全文を読む>