アイスホッケーアジアリーグの日本製紙クレインズは8日、日本製紙アイスアリーナで王子イーグルスとの連戦第1戦に臨み、4―0で勝利した。ホームでの連勝を7に伸ばし、首位に返り咲いた。

 クレインズはFW高見の得点で先制し、1―0で迎えた第2ピリオド4分すぎ、FWポタポフが相手GKの右サイドから押し込み2点目を決めた。第3ピリオドにもFW重野とFWトラクノのゴールで2点を追加し、完封勝ちした。試合終了のブザーが響くと、今季最多の1618人で埋まった観客席は歓喜に沸いた。

 ヒーローインタビューでポタポフは「たくさんの応援が背中を押してくれた。勝ててうれしい」と話した。...    
<記事全文を読む>