ホッケーの全日本選手権第2日は7日、赤磐市の熊山運動公園多目的広場で男子の1回戦があり、2連覇を目指す岐阜朝日クのほか、立命大、山梨学院大、LIEBE栃木が4強入りした。

 ともに岡山・瀬戸中出身の池田と沖原が出場した立命大は1―1で迎えた第4クオーターに5点を挙げ、VERTEXに6―2で快勝。山本(赤磐・磐梨中出)が先発した天理大はLIEBE栃木と1―1でもつれたシュートアウト(SO)戦の末に敗れた。

 第3日は8日、熊山運動公園多目的広場で男女の準決勝がある。

...    
<記事全文を読む>