今年話題になった言葉に贈られる「現代用語の基礎知識選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」が3日発表され、平昌冬季五輪カーリング女子で銅メダルを獲得したロコ・ソラーレの選手が試合中に発した北海道弁「そだねー」が年間大賞に選ばれた。

 「そだねー」は、平昌五輪でチームが躍進するにつれ、ツイッターで「かわいい」「癒やされる」などと話題になった。選考委員からは「自然に生まれた言葉で温かみがある。スポーツ選手の言葉なのに気合や根性とは遠く、優しく穏やかだ」などと評価された。

 同日、東京都内で開かれた表彰式に出席した本橋麻里代表理事(32)は「大会中はポジティブな言葉だ...    
<記事全文を読む>