10月にインドネシアで開かれた「2018アジアパラ競技大会」の車いすテニスに日本代表として出場し、銅メダルを獲得した西九州大3年の大谷桃子選手(23)=佐賀市=の祝勝会が2日、ホテルニューオータニ佐賀で開かれた。テニス仲間など、関係者約70人が出席し、会場は終始笑顔があふれた。

 大谷選手は同大会の女子シングルス部門に出場。3位決定戦で勝利し、銅メダルを手にした。会を主催した佐賀県テニス協会の緒方うらら会長は、あいさつで「こういう会ができることを佐賀県のテニス関係者として誇りに思う。うれしい気持ちでいっぱいです」と声を弾ませた。

 会が始まると、大谷選手はメダル...    
<記事全文を読む>