「飛び込み石川」の育ての親である中田周三氏の功績をたたえる「中田周三杯飛び込み競技大会」が創設され、8、9日に金沢市の金沢プールで第1回大会(北國新聞社後援)が行われる。県内外のトップ選手やホープが顔をそろえ、豪快、華麗な技を競うほか、中田氏の「お宝」ともいえる遺品も数多く展示され、名伯楽をしのびながらレベルアップの場として末永い開催を目指す。
 大会は県水泳協会と中田周三杯飛び込み競技大会実行委が主催、金沢市水泳協会と金沢プール共同事業体が主管し、日本水泳連盟公認となる。リオデジャネイロ五輪の女子高飛び込みで8位に入賞した板橋美波(JSS宝塚)、ジャカルタ・アジア大会の男子...    
<記事全文を読む>