「今年1年積み上げてきたものに自信を持ってプレーできた」。東京・駒沢体育館で2日に行われたバドミントンの全日本総合選手権。昨年は8強に甘んじた男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本、富岡高卒)が頂点に返り咲き、周囲に「日本のエース」の姿を強烈に焼き付けた。

...    
<記事全文を読む>