国内唯一の女性ドライバーだけのラリー大会「L1ラリーin恵那2018」は2日、岐阜県恵那市で本戦を行い、全国から出場したラリーカー33台がエンジン音を響かせながら公道を走り抜けた。

 恵那市役所を発着点に2周半するコースで全長116・94キロ。途中、市街地近郊の東濃牧場周辺と根の上高原の2カ所にスペシャルステージ(SS)と呼ばれる区間を設け、この区間の合計タイムを競った。残りは法定速度を守って走る移動区間。

 初めて観客席が設けられた根の上高原のSS区間では、大勢のファンが見守る中、市販車を改造したラリーカーがタイヤをきしませて疾走した。

 大会は、...    
<記事全文を読む>