第35回日本パラ水泳選手権は1、2日の両日、三重県鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿水泳場であった。参加標準記録を突破するなどした男子355人、女子168人の総勢523人がエントリーし、自己記録の更新を目指した。

障害者が出場する水泳の大会としては国内最大で県内開催は初。10月のジャカルタ・アジアパラ大会出場の日本代表もほぼ全員が出場。男子200メートル自由形では知的障害S14クラスで津市在住の坂倉航季選手、運動機能障害S7クラスで紀北町在住の細川宏史選手が優勝を果たして大会を盛り上げた。

2016年のリオパラリンピックに19歳で出場し、2020年の東京パラリンピック...    
<記事全文を読む>