卓球Tリーグ男子の岡山リベッツは1日、競技普及やジュニアの育成拠点となる「卓球スポット」倉敷店を倉敷市四十瀬にオープンした。


 広さ約460平方メートルのスペースに卓球台12台を並べ、競技経験や年齢を問わず利用できる。愛好者やジュニア向けの教室では、リベッツの白神宏佑監督、コーチ兼務の有田洋巳選手(関西高出)がレベル別に1回2時間、指導する。

 この日はリベッツの吉村和弘選手も訪れ、市民の練習相手になった。岡山市北区の会社員女性(47)は「吉村選手と打ち合えて感動した。リベッツを身近に感じる場所で練習をでき、意欲も高まる」と話した。
<...    
<記事全文を読む>